【2021年】Dine(ダイン)の年齢確認のやり方と時間!審査落ちの対処法も

Dine 年齢確認

マッチングアプリDine(ダイン)では年齢確認が必要です。

「本人確認の時間は?」、「登録した名前や生年月日が違うとき」など、気になることがありますよね。

そこで今回は、現役Dineユーザーが「年齢確認のやり方」と「審査落ちした時の対処法」について解説していきます。

これを読めば、Dineの年齢確認の問題はすべて解決できます!

マッチングアプリおすすめ人気ランキング3選
マッチングアプリPairsペアーズicon出会いPairs★★★★★国内会員数No.1!
毎月12,000名に恋人
マッチングアプリwithウィズicon出会いwith★★★★★メンタリストDaiGo監修
使いやすさNo.1!
タップル iconタップル★★★★★国内最大級アプリ
毎月10,000名に恋人

“>dineアプリ無料ダウンロード

なぜ、Dine(ダイン)では年齢確認が必要?

Dineをはじめとしたマッチングアプリでは、18歳未満の利用を禁ずる下記の法律があります。

「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」

Dineも「インターネット異性紹介事業」にあたりますので、全員の年齢確認が義務付けられています。

人気のpairsやOmiai、タップルなどでも同様に年齢確認は必須です。

免許証や保険証などを送ると、「個人情報がバレてしまうのでは?」と心配になる方もいるかもしれません。

しかしDineでは、顔写真や住所は隠れるようになっているので安心ですよ。

Dineの本人確認のやり方2ステップ

まずは、DineでOKの年齢確認書類いずれか1つを用意したら、メニューをタップしましょう。

1.メニュー→年齢確認をタップ

メニューから年齢確認をタップします。

DineでOKな年齢確認書類は下記の3つです。

1. 免許証
2. パスポート
3. 健康保険証

2.枠に合わせて写真を撮る

枠に合わせて撮れば、顔写真や住所などの個人情報はバレませんので、安心です。

Dineの年齢確認の審査時間は?

私の場合、土日でも年齢確認は5分ほどで完了しました。

最大でも24時間とのことですので、これ以上待っても年齢確認が完了しない場合は、サポートに問い合わせをしましょう。

名前や年齢が確認書類と違う場合

もし、最初に名前や生年月日を適当な情報で入力してしまうと、年齢確認に落ちてしまいます。

Dineでは年齢確認をする際に、再度、ファーストネーム、生年月日を入力することができます。

なので、この際に本名と正確な生年月日を入力すればOKです!

まとめ

Dineは、安心安全に使えるマッチングアプリですので、年齢確認がしっかりしています。

年齢確認をすれば、日程調整ができ、デートに進むことができます。

ぜひ素敵なDineライフをお過ごしください!

▼おすすめ記事

最優良マッチングアプリおすすめ人気ランキング10選≪比較≫

【ダイン評判】100の口コミより分かるマッチングアプリdine評価≪男性向け≫

マッチングアプリ診断

マッチングアプリは100種類以上あるので、どれが自分に合っているのか、分かりにくいですよね。

そこでMatchParkでは、マッチングアプリ診断を開発!

10秒で、あなたに最適なマッチングアプリが分かります◎

無料で診断できるので、素敵な人との出会いに役立ててくださいね♪